外国人雇用のデメリット3選

前回は外国人雇用のメリット3選 (https://www.exstanjob.com/post/merits_hiring_foreigners)という記事を書きました。


今回はタイトルにあります通り、外国人雇用のデメリットについて3つをまとめました。


もちろん物事には一長一短ありますので、全ての決断後に影響が出てくると考えられる要因を考慮することが何より大切なんではないでしょうか。


① 外国人雇用のデメリット


言葉が通じない


何よりこれです。

言葉が通じないストレスが、業務やプライベートで影響します。


仕事上トレーニングが思ったより進まないことも多いため、職場に外国人の母語を理解している日本人がいるか、外国人自身が日本語をいかに早く話せる様になるかがポイントになってきます。


これを解決するには、双方の歩み寄りがかなり重要になってきます。


外国人側はもちろん、日本語の習得を何より優先すべきですし、


一方日本人側は、外国人が日本語でも理解しやすいシンプルな日本語を使ったり、ジェスチャーを交えたり等気遣いができるとより良いです。

② 文化が違う


文化が違うということは、それぞれがもつ「当たり前が違う」ということです。


よくあるケースで言うと、以下の3つです。

 ・契約、もらえる金額について日本人より主張が強く交渉してくる

 ・就業時間にルーズ

 ・怒られると必要以上に気分が落ち込む


アジア圏諸国で多いのは、主張しないと権利・自由が手に入らなかった歴史があるため契約・お金について強くこだわるということです。


そのため、自分がいくらもらえるのか、何を控除されるのか、どうやったら昇給で、なにをやれば手当がつくのか。といったをかなりクリアにしようとします。


我々日本人からすると、会社がルール通りに給与を支給するのが当たり前になっているため、かなり違和感を覚えると思います。


こういった質問をされた場合には、「できること」と「できないこと」を明確にし、はっきりとした言葉で伝えることです。決して要求が通らなかったとしても、クリアになることが重要だからです。



③ ビザ手続きに時間がかかる


日本人であれば、面接をして契約書を結べばすぐに勤務することが可能です。


しかし外国人であると話は別です。


ビザ手続きには、膨大の書類を用意する手間・費用が掛かります。


「雇いづらさ」これが大きな外国人雇用のデメリットと言えます。




今回は、外国人雇用のデメリットについてまとめました。

9回の閲覧

東京都世田谷区梅丘1-13-12 UMECUBE202