【時事ネタシェア】最も外国人雇用が少ない「秋田県」


秋田県は10年連続で最も外国人を雇用している人数、事業所が少ない県です。



東北で最も多いのは宮城県です。この辺は予想がつくかと思います。



その差は事業所の数で5分の1。外国人数でいうと6分の1もの差があります。



秋田県で外国人雇用が進んでいない理由として挙げられるのは、まず「高齢者雇用が活発である」からです。



秋田県では不足する労働力を高齢者で補おうとする場合が他県と比較して多いのです。



活発に高齢者が働ける環境が整っていることが、外国人雇用がそこまで進んでいない最も大きな要因の一つといえます。



秋田県内の外国人の半数以上は「技能実習性」です。高度人材として秋田県で就労している数は2割にも満たないのが現状です。



しかし、近年高齢者だけでは補えないほど労働力が不足してきており、今後秋田県としては外国人雇用に注力していくと見られています。



ここからどこまで数字を伸ばすのか、注目してニュースを見ていきます!



現在オフィス移転中

  customer@ex-stan.com  |  080-2058-2196(代表行政書士直通電話)

  • Facebook - Black Circle