帰化申請とは

最終更新: 2019年10月10日

こんにちは~!(^^)!

都内・神奈川でビザ申請サポートを行う辰行政書士事務所(Exstan株式会社)です。


今日は帰化申請の条件についてまとめてみましたので参考に してください ね


普通帰化の要件は7つあります

1、日本に引き続き5年以上住んでいること!「つまり継続して5年以上」

2、20歳以上であること

3、素行が善良な人「税金を納めているとか前科が無い等」

4,経済的に安定していること「人並みにごはんが食べられる程度でよい!」

5,元の国籍を喪失または離脱することができること「国によっては兵役義務があるので!」

6,政府を破壊するとか反社会的な思想をもっていないこと。

7,日本語の読み書きができること「小学生3年生程度」


この要件を満たしてないとまず許可は下りることはありません!!

そして要件を満たしてもそれを証明する書類が必要になります。

それではこれから主な必要書類について記載しますね。

1,帰化許可申請書(申請者の写真)

2,親族の概要の記載書類

3,帰化の動機書(15歳未満は不要)

4,履歴書(自動車免許証とか技能資格証とか卒業証明書等)

5,生計の概要証明の書類(預貯金通帳写し。土地登記簿謄本、建物登記簿謄本等)

6,事業の概要証明の書類【経営者・取締役】→( 会社等法人の登記事項証明書

                     営業許可書・営業免許書類の写し等)

7,住民票の写し

8,国籍を証明する書類

9,親戚関係を証明する書類

10,納税を証明する書類(納税証明書等)

11,収入を証明する書類 ( 課税証明書(1年分)源泉徴収票(1年分))

12,在留歴を証明する書類(在留カード等)


 書類集めは帰化の申請が下りるか否かの一番のカギです!


ただし外国人が自分の国籍を放棄して日本人に帰化するわけだから

かなり慎重に検討されます。

しかも最終的には法務大臣の決裁事項で法務大臣の裁量にかかっています。




0回の閲覧

現在オフィス移転中

  customer@ex-stan.com  |  080-2058-2196(代表行政書士直通電話)

  • Facebook - Black Circle