【ポイントだけを押さえる】特定技能ビザとは

特定技能ビザは2019年4月からスタートした比較的新しい在留資格です。


「特定技能って聞いたことあるけど、あんまり詳しくわからない」

「何年くらい滞在できるのかな」

などなど、意外とわからないこともまだまだ多いと思います。


今回は、特定技能の押さえておくべきポイント3つを説明します。



滞在できるのは最大5年 or 10年!


おいおい。早速どっちやねん。もうこの記事読むのやめようかな。と思われた気がします。


でもこれは事実で、5年間いられる職種と、10年いられる職種があります。


特定技能は弊所ホームページでも紹介させていただいている通り、14の業種で受入が認められています。その中で「船舶」、「舶用工業」の2業種だけは、10年特定技能での滞在ができます。


許可が下りたらすぐ5年のビザが出るわけではない!


えええ。違うの。さっき5年いられるいうてましたやん。と思われた気がします。


でもこれも事実です。厳密にいうと最長5年間の滞在ができ、1回の申請で許可される在留期間(日本にいられる期間)は以下の3パターンあります。


4ヶ月・6ヶ月・1年


どの期間になるかは、外国人を受入れる企業や、外国人自身の素行等(過去ちゃんと納税していたか、オーバーワークしていないかなど)から入管が適当な期間を判断します。


この3つのうち与えられた期間内でビザを更新しながら最大5年(または10年)いられることができるのです。

特定技能には実は2種類あります!


特定技能には2つの種類が設けられています。それぞれ「1号」、「2号」と呼ばれており、現時点で特定技能ビザで働いている外国人は100%「1号」として入国しているのが事実です。


これはなぜかというと、特定技能1号を満了して初めて2号へアップグレードできるからです。


ここまで読んでくださった方なら、もうお分かりだと思いますが、「1号」を満了するのは「5年」滞在して期間満了となった場合です。


14業種全てが5年満了した時点で「2号」にアップグレードされるわけではありません。14業種の内2業種だけが「2号」へ移行することができます。


その2号へ移行できる2業種が「船舶」と「舶用工業」なのです。そのため、2号にあがれるこの業種は最大10年間いられるということになります。

まとめ


3ポイント、まとめると以下のようになります。

  1. 特定技能には「1号」と「2号」の2種類があり、2号へ移行できるのは2業種(船舶・舶用工業)のみ

  2. 特定技能1号を使って滞在できる期間は5年、2号までいくと通算10年(1号5年+2号5年)

  3. 4ヶ月・6ヶ月・1年のいずれかの期間で許可が下りるため、5年間都度更新必要

5回の閲覧0件のコメント

東京都世田谷区梅丘1-13-12 UMECUBE202